スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大麻畑で捕まえて

2009年01月31日 02:40

どうも、かみつきAです。

なんでも、若麒麟とかいう十両力士が大麻の所持で捕まったそうです。
昨年も若ノ鵬とか白露山とか露鵬とかが大麻問題でモメていて、一段落したところでこのニュースです。
私、大麻とかってつかったらやせると思っていたんですけれど、違うんですね。

力士以外でも普通の主婦や学生、芸能界と麻薬の逮捕者の報道が増えているようです。
報道が増えているだけで、実際の検挙者数が増えているのかどうかはわかりませんが、これも現代病理のひとつなんでしょうね。

この麻薬問題と時を同じくして最近目に付くものがあります。
それが、自殺。
どちらも「現実からの逃避」という意味においては、似たようなところがあるんじゃないかと思うときがあります。
本質的には両者は違うかもしれませんけれど。

どんな立場の人間でも麻薬をやってしまうし、どんな職業の人間だって自らの命を絶つこともある。
そう見てみれば、今の日本に行き場や逃げ場を失った人がどれだけ多いことか。
というか、逃げ場や行き場を確保できている人ってどれだけいるんでしょう?ほとんどいないような気さえしてきます。
みんな自分をだましながら、正常なフリをして何とか生きているだけなんじゃないのか。

こんな世の中で「マトモに」生きていくって、そうそう簡単なことじゃありませんよね。

ホントなら頼りあって暮らさないと生きていけないハズなのに、人に迷惑をかけてはいけないという考えが、他人に頼るなというルールにシフトされていったように思います。それが自立した大人だという人がいます。
それで頼るところを失った人はどうやって生きればいいんでしょうね。
「弱者は死ね」ってことでしょうか?
野性の世界では弱肉強食がアタリマエ?
だったら人間が何のために知恵をしぼって、社会という仕組みを作ったんだろう。
上に立つ人間が甘い汁を吸うためなのか。だとしたら、この世で生きていくためには他人の労働に寄生して、散々後世にメイワクを掛けまくって生きるほうがお得ってことですね。
いや、生きるためのいい見本がお上にたくさんいるようです。

自殺とか麻薬って個人の心の歪みに思われがちですけれど、ここまで広まったのは社会のひずみの影響もあるんじゃないですか。悲しいことですが、きっとこれからもっと増えていくんでしょうね。

ホントはもっといろいろ思うことはあるのですが、表現しきれませんでした。
別に「麻薬をやって何が悪いんだ」っていいたいわけじゃないですよ。
麻薬になんて手を出さなくてもいいように変えていくことも視野に入れないと、そろそろ危ないんじゃないの?といいたいわけです。もちろん、ゼロにすることは不可能だし、興味本位でやって抜け出せない自業自得なこともあると思います。

どうすれば、人は生きやすくなるのか。解決なんて、しないのかもしれません。

かみつきA
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。